ここは流沙河の水底

ほっこり日常生活

思わず合掌したくなるお年頃

ひさびさに天神。前回はイムズ閉店直後くらいで、今回はイムズの解体が進んでたり福ビルが更地になってたり、再開発の規模が大きすぎて、元気のいい街はよかたいねという印象。

古代エジプト展では亜麻布ぐるぐる巻きのミイラ展示があったのだが、まさに3-4000年前のご遺体な訳で、ご遺体を展示したり見学したりすることに対して気持ちが落ち着かず、行き合うたびについ合掌したくなってしまうのと、ミイラの作り方の、まず鼻の穴から鉄の器具を突っ込んで脳みそを掻き出します、から始まる手順を見るたびに、『悪魔の花嫁』で高慢ちき女子をカラクリ時計のダンサー人形にするため生きたままコーティングして動けない状態から鼻の穴に脳みそ掻き出す器具が近づいてきて「いやああああ!」なエピソードと、ついでにエジプト考古学者が妻を生きたままミイラにするエピソードを思い出してしまい、たぶんこの先もエジプト展に行くたびに思い出すのだろうなと。

この博物館に行く途中、ホークスタカガール渋滞に巻き込まれ、帰りはまだ試合中だろうと安心してたら0-3完封負けであっさり試合終了、またしても渋滞に巻き込まれて次の約束に遅れてしまったのである。勝ってくれ!

f:id:kukky:20220612231459p:image

無差別級

何事にも誘う際は、世代は気にせず興味ありそうなところに声掛けしているが、最近では我が子より歳下世代も登場してしまい、特にお誘いの場合は容赦なく参加している。有難い限りである。

お互いもりもり食べるので、今回も各所で美味しいものを食べてしまったのだが、若いだけあってインターバルなしで次々行けるところは敵わなかったぜ。

f:id:kukky:20220306025232p:image

f:id:kukky:20220306025243p:image

銀河からの使者

JR西日本のウエストエクスプレス銀河に申し込んでて、あっさり当たるんじゃね?と計画立てまくってたのに、いまだ当選報告が来ない。見通し甘すぎたようである。女子専用席なんて余裕そうなのに、そんなに乗りたがる人がいるのか。

通ってた小学校の窓から、毎朝同じ時刻に青い列車がゆっくりと通り過ぎる様子をなんとなく見続けていて、思えばあれがライトな鉄趣味のルーツなのかなと。

f:id:kukky:20220218193744p:image

ひたひたと迫り来る足音(無音)

職場でとうとうコロナ感染者が出てしまった。就学前のお子さんもいる家庭もあるなか、よく持ち堪えたなあという感じではある。

まあ罹ってしまったら仕方ないし、お互い様なので、気にせず休んでゆっくり養生していただきたいものである。

f:id:kukky:20220207184313p:image

寒い日

マクドナルドのゴディバ監修「ゴディバ ホットチョコレート」、これに350円を出すなら正規店で550円払いたい気もするが遠出もできないので。

ホットチョコレートは甘ったるいイメージがあるけども、ゴディバ監修だけあって後味ひかずさっぱりしたお味、でもなぜこんなにぬるいのか。

反動でか、帰宅後に熱々の豚汁を作ってしまった。ぶたじる。さつまいも入り。

f:id:kukky:20220206211131p:image