ここは流沙河の水底

クラゲふわふわ

禿田さんことハゲ子ことHagexの勉強会に参加してきた

紅茶とスイーツを愛するほっこりブログこと、はてなが誇るゲスブログ「 Hagex-day info 」の古くからの読者であり、禿田さんとはネット上でのやりとりは多少あったものの、リアルで会うのは初めてということで満を持しての参加であった。
会場は 「Fukuoka Growth Next - 福岡の中心地にある官民共働型スタートアップ支援施設」、福岡市の商業の中心地・天神にある旧大名小学校をスタートアップ施設にリニューアルしたもので、昨年末には、はてなのイベントもここで開催されている、はてなーにはお馴染みの場所だ。

イベント中は、ほっこり仲間からゲスい副音声情報を貰いながら講師の話半分だったのであるが、終了後、せっかくなので声を掛けようと思い、また持参した著作「2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い (アスキー新書)」にサインを貰うつもりで会場に残っていたら「くっきーさん、サインしましょうか」と禿田さんから声を掛けてきた。
なんでバレてんだよしかも声に出して名前呼んでんじゃねーよ他の参加者に身バレしたら困るじゃねーかよと思いながらも、会場で購入した同人誌にも合わせてサインをいただいた。


あまりにもアレなサインなため、緊張させてしまったのかな、ちょいプレス掛け過ぎたかなと思った。それを機に参加者数人が後に続いてサインを貰っていた。
他の参加者がすべて退出し、お手伝いのご友人が撤収作業を進める中、質疑応答時に訊きそびれていた質問を改めて投げてみた。「トマトブロガーが高知がダメだと諦めたら次にタゲるのは福岡で、やって来そうな気がしてるし、こっちとしてはたどり着く前に玄界灘に沈めてやるつもりはあるんだけど、その可能性はどれくらいあるのだろうか?」禿田さんの回答をひと言にすると、糸島ピンチである。やっぱり。

そして参加者最後のひとりとして会場を後にした。19:45ごろである。

というわけで、ブログでバズるにはタイミングが大事!というハゲ子の教えを活かすために、長く放置していたこのブログをオープンすることにした。
別れ際に禿田さんと交わした言葉をここに記す。
「じゃあまたどこかでお会いしましょう~」「またイベントやりますから~」
このときは本当に、またいつかどこかで会えると思っていたし、お互い笑顔で別れた。

この数分後、彼は刺されたのである。